大人の部は昇級昇段審査の組手を想定した稽古

金曜日は職場のバーベキューをした後、部下と丸亀市の京に飲みに行きました。

丸亀市の京で飲み会

鳥料理のお店で料理もおいしかったです。

馬刺しユッケ

土曜日は、長女とその友達を連れて高松市のさぬき麺業でうどん作り体験や白坂花店でバーバリュームつくり体験や肉球で猫cafeなんかで遊んできました。

さぬき麺業でうどんつくり体験白坂花店でハーバリウム作り体験肉球の猫cafe

夜は中学生時代の同級生と丸亀市に新しくできた寅八という焼肉屋で飲んできました。

寅八の焼肉屋で飲み会

予約して行っていたのですが、予約が通っていないというトラブルがありましたが、何とか席を作ってもらい、最後にデザートをサービスしてくれたので、焼肉もおいしかったし満足できました。

丸亀市の寅八の焼肉

今日は長男次男はテスト期間中なので空手の稽古は休みです。

上段を決められたり後ろを取られたりする

稽古が始まる前に長女と組手の稽古をしました。

今までは膝立ちで組手をしていたのですが、長女にうまく回り込まれて上段突きを決められるので立ったり膝立ちになったり体制を変えながら組手をしました。

膝立ちの組手で上段を決められたり後ろを取られたりするので組手が上達してきているという事なんでしょう。

威力は女の子で身体能力も高くないので、長男のような技の威力はないですが、技術は身についてきていて強くなってきています。

いつも空手は行きたくないと言っていますが、何とか続けさせてレベルアップさせていきます。

受けたりさばいたりした上でどんどん上段突きを決めるように

今日もいつの通り稽古をして、組手が始まる前には女の子は男の子と違い肉体的や精神的に弱いので、同じレベルの男の子とやるより手加減する事や自分より弱い子は手加減したり、攻撃でダメージを受けていると感じたら手加減する事。

そして、今回はさらに強い方は相手にダメージを与えずに、受けたりさばいたりした上でどんどん上段突きを決めるように。

そういう稽古をすればさらに強くなれると伝えて組手をさせました。

今日は小学校高学年の組手を見ましたが、私の考えが大分浸透してきています。

こういう環境で組手をやっていけば弱い子が組手が嫌になって空手を辞めるというケースも防げ、弱い子も強い子と平等に空手を続けていけるようになります。

更に強い子、弱い子関係なく平等に空手が強くなっていけると考えています。

昔はこんな考えが持てずに弱い子は空手を続けられないけど(強い相手にやられ続けて痛みなどで嫌になるので)空手だから仕方がないというような考えを持っていて、おそらくたくさんの子が組手が嫌になってやめていったと思うのですが、人間の考え方などはこんなにも変わるもんなのですね。

自分でもびっくりです。

大人と子供の組手では強くなってきている小学校6年生と5年生相手によけたりさばいたりする組手で相手をしました。

小学校5年生の子は避けられると言っていましたが、こういう組手を強い子たちに私がしていけばさらに子供たちのレベルが上がっていくはずです。

気合い入れて突き10本の後は、小学校1年生の子が今日もものすごく大きな声で稽古が出来ていた。

みんな負けているで。

昇級昇段審査やまほろば杯に向けてみんなも見習って気合を入れて稽古をしていこうと伝えていったん稽古を終了しました。

大人の稽古は昇級昇段審査を想定した組手の稽古

大人の稽古ではさとしと吉田さんの昇級昇段審査を想定した組手の稽古をしました。

二人とも調子は良さそうでした。

そのあと久々にカズくんとゆうじと組手をやって稽古を終了しました。

今日は最近イメージしている新しいパターンで何度か上段突きを決めれたのでいい感じでした。

押忍。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です