4月から大人1人と子供2人が新たに入門しました

昨日は家族で朝からボーリングに行ったあと、昼から公園でバトミントンをしたりキャッチボールをしたりと2時間半遊んだのでいい運動が出来ました。

夕方遅くなったので晩御飯はそのまま弁慶に行って飲んで帰りました。サワラの白子や地鶏のタタキや生センマイ等美味しい料理とお酒で楽しんできました。

 

 

今日は大人1人(同じく入門した小学校1年生のお父さん)と子供2人(小学校1年生の男の子と私の長女)が新たに入門して稽古に参加しました。

丸亀道場も段々と道場生が増えてきているので賑やかになってきました。

丸亀道場の子どもが私の幼稚園の年中の長男1人(私と長男は同じ時期に古流剛柔空手丸亀支部道場に入門しました。今では長男は小学校5年生です。)という時期が懐かしいです。

小学校1年生の男の子は物怖じせずに稽古でも大きい声が出ていたのでこれからが楽しみです。

新しく入ったこの男の子が大きい声が出ていたので上級生のいい手本になっていました。

休憩時間中もお兄ちゃんたちに混じってドッチボールを楽しんでいました。

今日の稽古はいつもどおり基本、移動、型をやってミット打ち、組手と続きました。今日は最初から号令を取り続けて途中怒って怒鳴ったりしていたので、ミット打ちの時点で私の声が枯れてしまい、私の情けない声での号令でみんなに失笑されていましたが、ミット打ちも最近続けているので威力も強くなってコンビネーションもスムーズに出来るようになって段々と上達しているように感じました。

一旦稽古を終了しての大人の稽古は森さんと二人でミット打ちと組手をしました。

 

 

ミット打ちは森さんが丸亀南道場の監督から教えてもらった体の使い方等を教えてもらいながら稽古をしました。

ミット打ちを完全燃焼に近いぐらいしたあと森さんと軽い約束組手をしました。

すでにミット打ちでほぼスタミナがなくなってバテテいたのであまり思うように動けませんでしたが、こういう時に動けることが必要だと思いますのでこういう稽古もやっていこうと思いました。

押忍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です