秋の香川県三木町での昇級昇段審査用の稽古を

先週は家族で徳島県の穴吹川に遊びに行きました。

徳島県の穴吹川

四国随一の清流といわれているだけあって非常に透明度の高い川でした。

穴吹川でボール投げ

アクションカメラを持っていくのを忘れたので撮影できませんでしたが、川の水の上から魚が見えるぐらいきれいでした。

 

 

夜は高校時代の友達や後輩と丸亀市のせっせで飲み会です。

丸亀市のせっせで飲み会

料理なかなか美味しかった。

せっせの鳥のたたき

夏休みは稽古を2回休んで最後まで遊びを満喫しました

二次会はオープン情報を知って、気になっていた丸亀市の食彩ゆめ吉へ。

丸亀市の食彩ゆめ吉で飲み会

料金もリーゾナブルで料理の種類も豊富で美味しかったです。

食彩ゆめ吉刺身盛り

いいお店だったので気に入りました。

そして、3次会は最後は友達二人でなごやんラーメンで〆て帰ってきました。

今週は金曜日に友達と丸亀市の太箪で飲み会。

丸亀市の太箪で飲み会

美味しい料理とお酒で楽しんで来ました。

太箪のずり刺し

土曜日は雨だったので、鷲羽山ハイランドのプールに行く予定を切り替えて、スターボウルで遊んできました。

丸亀市スターボウル

今日も稽古が始まる前に次男と長女と組み手の稽古です。

長男はバスケットボールの試合があったので休みです。

夏休みは遊びに行くこともあり、稽古を2回休んだのですが、自宅でのサンドバックの稽古は続けているので、いつも通りでした。

今週の稽古は秋の香川県三木町である古流剛柔空手内の昇級昇段審査に向けた稽古をしていきました。

私が子供たちと遊んでいる休憩時間中のドッチボールは控えめで今まで自分から入ってこなかった子が入って一緒に遊びました。

この子はなじんでこないから続かないかなと心配していたのですが、楽しそうに一緒に遊んでいたのでこれで大丈夫そうです。

型については、色帯の大人も自分が受ける昇級昇段審査の型の指導を黒帯から受けました。

秋の古流剛柔空手内の昇級昇段審査に向けた稽古を

子供の組み手では、私が見た子たちには強い子については、体で受けるだけでなく手や捌いて威力や力を使わずに上段逆突きを決める意識を持つこと。

弱い子については全力で攻撃をする事を伝えて、技ありが入ればその判定をその都度して、良かったとか、こういう攻撃や動きをするように伝えました。

大人と子供の組み手では、中学2年生と小学校6年生の紺帯相手に、威力や力を使わずに技ありを取る組み手をしました。

これまでは、体で受けていたのですが、だいぶんレベルも上がってきたので、レベルアップさせるために、強い子については、体で覚えて技術を身に付けていけるように攻撃のレベルを上げていきます。(強度を強くしてしまうと委縮してしまうと思うので、強度は相当落としていますが。)

 

 

色帯の大人とも近い将来黒帯を受けることになるさとしに対しても、威力はかなり抑えていますが、こちからも積極的に攻撃をして技ありを取る意識で組み手をしました。

気合い入れて突き10本の後は、私から声はなかなか大きくて良かったことと組み手では強くなってきた子についてはそれぞれの強さに応じて攻撃をレベルを上げていくと伝えました。

大人の稽古では、吉田さんがこの秋に茶帯の昇級審査を受ける可能性があるので、その昇級審査を想定した組み手をしました。

6人目でスタミナ切れとなったのですが、今から準備すればスタミナは大丈夫そうです。

押忍。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です