丸亀道場の2019年の稽古納め

土曜日は長女とその友達をつれて国営まんのう公園で遊んできました。

国営まんのう公園

サイクリングしていろいろな遊具などで一日中遊んできました。

日曜日は稽古が始まる前に長女と組手の稽古を。

攻撃の威力がついてきています。

基本、移動、型と師範が基本をしっかり教えてくれた

この日の稽古は基本、移動、型と師範が基本をしっかり教えてくれました。

こういう指導がないと特に子供たちは基本をしっかり身に付けることが出来ないと思うので、良いことだと思います。

上段突きの稽古はゆっくりめの号令でまずは形を身に付けさせることを

私からの上段突きの稽古は基本動作を教えて、ゆっくりめの号令でまずは形を身に付けさせることを意識しました。

それと通常の構えから後ろ足を前に寄せて上段突きをする稽古もこの日から始めることに。

ミット打ちをいつも通りやって組手です。

子供同士、子供と大人の組手を。

私は中学2年生の男の子とやったのですが、ちょっと前よりは強くなっていました。

攻撃が重くなっていたので、しっかり体を使って攻撃が出来るようになってきているのだと思います。

黒帯と色帯の大人の組手を。

中学校3年生の茶帯の子はかなり強くなっているので、黒帯も怪我をさせない程度で強く攻撃しても問題ないレベルになっていたのでその指示をしました。

この中学校3年生は最近よく稽古に来ているのでレベルアップしています。

一年間みんな強くなったので来年も頑張って稽古をしていこう

気合い入れて突き10本の後は、この一年間みんな強くなったと思うので、来年も頑張って稽古をしていこうと伝えていったん稽古を終了しました。

大人の稽古は私以外は約束組手などをして(私は子供たちと一緒に遊んでいました)、ゆうじとフルコンタクト空手と古流剛柔空手の組手の稽古を。

ちょっとゆうじは故障があったようですが、それでも足を使わない組手をしたいと言ってきたのでやる気がみなぎっているなと感じました。

ゆうじは若いのでまだまだ強くなるはずです。

ゆうじと倍以上の年齢の私がどこまでゆうじとの組手の相手が出来るどうか分かりませんが、私も出来る限り長く相手が出来るように来年も自宅で稽古に励んでいきます。

押忍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です