猛烈な暑さでエアコンをつけているものの体調不良者が

水曜日から2泊3日で鹿児島県へ出張でした。

 

 

2日間研修を受けたのですが、夜は香川県からきている別の法人の同じ立場の人たちと3人で2日連荘で飲み会でした。

年に3回程度会合で顔を合わせるのですが、3人ともライバル法人の同じ立場の人間になるので普段は、本音で話すことが出来ずに、探り探りの会話になることが多いのですが、飲んで話すと同じ立場で同じ苦労や同じ目線で仕事をしているので、非常に話が合って楽しく盛り上がりました。

レベルも同じような感じなので、久々に心から楽しいと思える飲み会でした。

料理も飲食店経営の友達から美味しいお店を聞いていっていたので、非常に美味しい鹿児島料理を食べることが出来ました。

また、香川県でも一緒に飲みたいものです。

土曜日は長女と二人で徳島県鳴門市などに出かけて、アイランドでマリンクラフト体験をしました。

そして、事前に調べていった三八ラーメンへ。

この三八の支那そばは非常に美味しかったので、鳴門市に行く方は是非食べてみて下さい。

大鳴門橋遊歩道 渦の道と大鳴門架橋記念館エディや板野郡ハレルヤスイーツキッチンでたぬきケーキ作り体験をして香川県に帰ってきました。

夜は丸亀市の水月に行って友達家族と飲み会です。

友達の奥さんとは久々で楽しく盛り上がりました。

今日も稽古が始まる前に長男次男長女と組み手の稽古です。

長男は、午前中バスケットボールの部活をして、暑い中かなりしんどそうで空手の稽古に行きたくなさそうでしたが、私も熱中症大丈夫かなと心では心配しながらも稽古に行くようにプレッシャーをかけました。

次男も調子が悪そうでしたので、二人とも体調不良ということは踏まえて組み手をしました。

猛烈な暑さでエアコンをつけているものの体調不良者が出ました

古流剛柔空手丸亀道場は空手道場には珍しくエアコンがあり、最近の猛暑の中もある程度安全に稽古が出来るのですが、今日は熱中症など調子が悪くなる子がいました。

これ以上エアコンの温度は下がらないと思うので、道場生の体調管理を意識しなければなりません。

今日は組み手が始まる前に、さとしに相手をしてもらい上段突きの決め方を教えました。

大半の子供たちが上段を突けるチャンスに踏み込めていない事に気が付いたので、実践して教えようと考えました。

実際にさとしには普段通り動いてもらったのですが、私の方が思ったように動けずにあまりいい手本になれませんでした。

今週は出張でいつも通り自宅で稽古が出来ていないので、その影響かどうかは分かりませんが。

気合い入れて突き10本の後は、暑いので少しでも体調が悪いと思ったら無理をせずに、申し出るように。

それと今日は暑かったけども声が大きく出ていたので良かったと伝えて一旦稽古を終了しました。

大人の稽古では、現在体験中の中尾さんが組み手をしたいと申し出てきたので、体が頑丈なカズくんとゆうじと組み手をしてもらいました。

やる前に本当はフルコンタクト空手などやっていたんでしょ?とかあのミット打ちを見たら伝統系の空手だけではないと思うなど他の空手などもやっているていで聞いていたら、フルコンタクト空手だけでなく、並行して、少林寺拳法や中国拳法などもやっていたということで、やはり私が思った通りかなりの上級者でした(先週もブログで書きましたが、体の重心がかなり強い人が身に付けている重心と同じような感じだったので。)。

軽くやっているのは良く分かったのですが、それでも威力があり、コンビネーションも早かったですし、相手の攻撃に対する反応も早く立ち技の攻撃ではなかなか体に当てられないような感じでした。

 

 

それでも10年以上ブランクはあるようですが、はっきり言って10年以上ブランクがある動きには見えなかったので、これが本当なら現役時代は相当な強さを身に付けていた人だと思います。

少なくとも打撃系の威力やコンビネーションのスピードではすでにこのブランクがある状態で丸亀道場では一番だと思うので、また、中尾さんが続けてきてくれるようであれば、その練習方法を教えてもらって丸亀道場に取り入れようと思いました。

そのあと、残ったもので組み手をやって終了しました。

押忍。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。