細かい指導が出来る様になったのはレベルが上がった証拠

土曜日は家族で善通寺市のマックスボウルでボーリングです。

マックスボウルでボーリング

チーム対抗でやったのですが、私が二回目に210のスコアーを出してしまったので、相手チームになっていた長女はかなりご機嫌ななめになってしまいました。

ボーリングスコア210

日曜日は愛媛から叔父さん家族が来たので、丸亀市の永楽亭にお昼御飯を食べにいってきました。

敷居が高いお店で、落ち着いた感じで、非常に上品な料理でしたが、子供たちや私には上品すぎて少々物足りなさを感じました。

丸亀市永楽亭丸亀市永楽亭料理永楽亭コース料理

素材を生かした料理なので、年配の方には好まれるのではないでしょうか。

全体的にレベルが上がってきている証拠です

叔父さんたちとの食事会があったので丸亀道場の稽古は遅れての参加となりました。

 

 

道場に着いたら、師範が移動稽古で新しい練習を指導していました。

相手の攻撃に対して距離をとってかわす動きの稽古でしたが、組手に必要な動きですので、いい稽古だと思いました。

そして、私はどちらかと言うと相手の攻撃を体で受けたり手足で受けたり捌いたりするタイプで、私があまり得意としない動きですので、私が教えられない稽古になります。

(自分が出来ないことは教えられないので。)

こういう稽古も継続して続けていけば、また、組手の幅が広がる人が出てくるはずです。

型も師範がサンチンを基本からしっかり教えてくれました。

転身の時に私も忘れていた踵を外に出すことなど、細かい基本的な動きを教えてくれました。

こういう事が教えられるようになったのは、丸亀道場に来ている人たちが2年3年と続き、全体的にレベルが上がってきている証拠です。

ミット打ちは私が蹴り方や突き方やコンビネーション時の上段突きの突き方など、威力を強めたり、上段突きでの技ありを確実に取るための技を身に付けれるように指導しました。

しばらくは試合とかがないので、全体的な技術や威力を高めるためにしっかり必要な理屈や動きを教えていきます。

早くもレベルアップして効果が感じられます

先週からみんなのレベルが上がってきているので意識的に細かく教えるようにしているのですが、1分間ミットを攻め続ける稽古で、上段突きが良くなっている子が何人かいたので、早くも効果が感じられます。

組手を始める前に無防備に中段突きを体で受ける子が多いので、吉田さんに掴みなしで攻撃してもらい、実践でどのように受けるか実際に見せた後で組手をしてもらいました。

組手を見る限り早速、受ける意識をもって組手ができている子がいました。

気合い入れて突き10本のあとは私から、今日のミット打ちを見る限り威力も強くなって声もよく出て気合いが入っていたから、この調子で稽古をしていっていたら強くなるから頑張っていこうなと伝えて稽古を一旦終了しました。

大人の稽古は師範から丸亀道場での指導を統一するためにサイファの指導を受けました。

大人の稽古終了後は吉田さんとフルコンタクトの組手を2回付き合ってもらい稽古を終了しました。

 

 

私の稽古になるのでありがたいことです。

今週は先週のように反射的に攻撃してダメージで戦闘不能にしないように気を付けました。

押忍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です